社会人になると同時に移り住んだ賃貸マンションは、家賃の安さのわりには住みやすい事もあり、当分はここを住まいに生活しようと考えていました。

賃貸の更新をした時の話
賃貸の更新をした時の話

社会人になると同時に移り住んだ賃貸マンションは

63歳 男性
社会人になると同時に移り住んだ賃貸マンションは、家賃の安さのわりには住みやすい事もあり、当分はここを住まいに生活しようと考えていました。
そうして住み続けて二年が経とうとした頃、契約更新に関する意思の確認、更新する際に必要な書類が郵送で届きました。

初めての一人暮らしだったこともあり、そもそも住み続けるのに契約更新する必要がある事さえ知らなかった私は、その書類の内容に、契約更新料として家賃の一か月分の更新料、そしてこの一連の手続きをお世話する不動産会社への半月分の手数料が記されていた事を目にすると、動揺をしてしまいました。
本当に何も知らなかったので、契約更新料を用意するという考えが当然なく、まだまだ社会人としてのキャリアが始まったばかりで、お給料も微々たるものでした。
当然預貯金もほとんどない為、契約更新料の支払いを済ませた後の私の通帳は、ゼロに近い状態となってしまいました。

しかし、気に入っていた部屋なので、その後も住み続けるつもりでいましたが、次回の更新時を迎えるまでに、私もそれなりの知識を増やしていたのです。

二回目の更新時には、当然、老朽化のある部分も見え始めてきます。それなのに家賃が全く一緒では、これは納得いきません。そこで更新時にただ振り込むのではなく、不動産会社に問い合わせ、その旨を伝え、家賃の引き下げを提案しました。
すると老朽化のある部分を直接確認したいと訪れ、私が言った事に嘘がないことを確認すると、ほんの数千円ではありましたが、見事に家賃の引き下げに成功しました。
更新時には、ただ通知内容の通りに従うのではなく、疑問に思うこと、聞いてみたいことがあれば遠慮なく聞いてみることが、大切です。